プロフィール

ヤスノ保育園

Author:ヤスノ保育園
地方競馬の馬主とカヤ(CAJA)の会の一時預かりボランティアをしている埼玉の高校教師です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


ブロとも申請フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

みんなの注目馬(白)


ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:犬のこと
昨夜、アリちゃんを放置していた飼い主がとうとう説得に応じてくれました。

「アリちゃんを室内で幸せに過ごさせたいんですが」

飼い主の娘(自分の母親に)「お母さんは近所の人たちにまで迷惑を掛けるほど、犬の面倒を見ていないんだから、この際引き取ってもらいなよ」

飼い主「あなたがそう言うならそうするわ」と。

聞いてみると、登録はしていない、狂犬病の予防接種はしたことがない、混合ワクチンなんて聞いたこともない、獣医さんなんて行く必要がない、シャンプーを犬にするわけない、勿論、避妊手術なんてするわけない…。水も餌もまともに与えない飼い主が散歩をするわけもなく…。

「ここまで放置しておいてもなかなか死なないものだなぁ」と言っていたそうです。

でも…なかなか埒が開かず最後の決め手は目に見えない何者かの力だったのでは…。

そう、亡くなったフェスターが特別な力で飼い主の娘を引き合わせてくれたとしか思えないんです。

今朝、アリちゃんをシャンプーボトル2本分、丸3回洗いました。
2009年の紅葉の最盛期にアリちゃんは救われました。

そして東久留米の「わんこの涙」で有名な怖くて優しいお兄さん獣医さんにワクチン注射をしてもらいました。
黒目川も美しく紅葉していました。大きな鯉がまるで沖縄の東南植物楽園のよう。黒目川に架かる橋の上でアリちゃんの笑顔。
その橋の真ん中から上流を撮影してみました。新しい人生の始まりを喜んでいる笑顔。

近くの小金井公園で「カヤの会」のスタッフがバザーで資金集めをしていると聞き及び、そのままアリちゃんと公園に向かいました。


小平の子猫を保護してくださっている会のスタッフがアリちゃんを散歩してくださいました。
こんな楽しい瞬間があるなんて今まで知らなかったよね。

アリちゃんは、安住の引き取り家族が現れるまで、飯能の僕の実家で朗報を待つことになりました。水鳥回収(リトリーバー)犬には川遊びが一番似合いますからね。
命がけのような水の飲み方をします。本能が段々覚醒してきました。
流れに逆らってみたり、自由に歩いていいんだよね。やっぱり、川が似合うわぁ~。


ごぅちゃんは預かり犬に慣れていますから、最初からすんなり受け入れられましたが、福ちゃんはちょっと抵抗していました。5分もしないうちに「あっ、自分と同じ境遇なのね」とわかったみたいです。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © ヤスノ保育園 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。