プロフィール

ヤスノ保育園

Author:ヤスノ保育園
地方競馬の馬主とカヤ(CAJA)の会の一時預かりボランティアをしている埼玉の高校教師です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


ブロとも申請フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

みんなの注目馬(白)


ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:学校のこと。
昨日、爽やかな好天に恵まれる中、伝統の42.2kmハイクが行われました。フルマラソンよりちょっとだけ長いのがみそ。

ヤスノ保育園からは「ごぅちゃん」が特別ゲストとして参加し、保健所出身ワンコの魅力をアピールしました。
朝5時、学校のトラックに乗って出発。実行委員の柏葉君と行動しました。
まずはコースの全行程をトラックで逆走し、チェックポイント(机とイス)の設置と矢印書きの仕事です。
ラインカーで分岐ごとにコースを指示しました。設置と撤収、この舞台裏が実行委員の役割。

ごぅちゃんはやっと朝ごはんに。林道コースの入口案内係として活躍しました。
出発地点にクレアのグループが元気よく。スタート時はこんなに元気一杯。
ポメのテディベアカット、鈴の介君。ここから急勾配の林道体験ゾーンに。
涼しく乾燥した爽やかな風が味方となり、楽しいハイキングになりました。
急坂を登りきった笑顔。林道コースの最後尾をキープしてきたごぅちゃん。刈場坂峠で記念撮影。

実際は、30kmを過ぎる頃には誰もが無口になり、自問自答しながら只管歩きました。
クレアは常に元気いっぱいでした。それでもやっぱり疲労の色も…。

そしてお互いの健闘を讃え合うゴール(学校到着)後、ごぅちゃんもみんなに挨拶回り。
ごぅちゃんもよく歩きました。ごぅちゃんにとっても夢のような一日でした。


ごぅちゃん効果があったのかどうかはわかりませんが、最終チェックポイント通過制限タイムに間に合わなかった生徒はひとりもいませんでした。

例年20名程度の生徒はゴールできず電車や学校ワゴン車による「涙の強制送還」を余儀なくされていましたが、最後尾をごぅちゃんが励ましたお蔭かもしれませんね。

生徒たちの思い出作りに貢献して偉かったね>>ごぅちゃん。

番外編。
コース途中、イタドリの茎を齧りながら。コース途中、北向地蔵の由来。


母親の湯治のため、これから山梨増富温泉に向かいます。

生徒たちはきっと筋肉痛と戦いながら、中間試験の勉強をしていることでしょう。





コメント

園長先生、ごぅちゃん、生徒の皆、お疲れ様でした~
42.2㎞も歩くのはさぞかし大変だったと思いますが、数年後に皆で集まった時には思い出話に花が咲く事でしょうね。

一生懸命歩いた後はお腹もぺこぺこでしょうから、夕飯も美味しかったでしょうね。

創設当時は…

西武秩父駅を出発し、正丸峠を超え、学校に帰ってくる50kmだったんですよ。

それに比べれば随分と楽なコース設定になりましたが、フルマラソンよりは長いというところに意味があると思っています。

平坦な東京マラソンが楽勝に思えます。

ごぅちゃんが頑張ってくれました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ヤスノ保育園 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。