プロフィール

ヤスノ保育園

Author:ヤスノ保育園
地方競馬の馬主とカヤ(CAJA)の会の一時預かりボランティアをしている埼玉の高校教師です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


ブロとも申請フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

みんなの注目馬(白)


ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:犬のこと
父親は去る6月3日、主治医から「あと2~3日」という最後通告をナースセンターのすぐ脇の「特別病室」で宣告されて以来、もうすでに1ヶ月以上頑張り続けています。もっとも危篤に陥った6月晦日から昏睡状態となり、1003mlで820kcalという高カロリー点滴と高濃度酸素マスクにより「意志に反して」生かされている状態が続いているというわけです。本人の意思を尊重し家族も「延命治療は望まない」と伝えたにも関わらず、現代の医療は簡単に安らかには眠らせてくれないことを知りました。正直、呼吸をさせられているだけの父親に親族一同同情の涙を流しました。もちろん、医者が悪いわけではありません。ただ、孫に対して尊厳のあるおじいちゃんとしてありつづけたかったろうなぁ~と。

そんな父親を妻として20年来看病し続けてきた母親が明後日、自身の心臓周辺の血管拡張のためカテーテル挿入治療を受けるため入院することになっています。7月8日は本人のちょうど満80歳の誕生日。僕は2か所の別々の病院を行ったり来たりすることになりました。その日は僕の前期期末試験の実施日でもあり、なかなか痺れるハードさが予想されます。長兄、長女からは「お前に全てを任せた」と言われているそうで(僕は直接聞いていない)、父親にも母親にも苦痛や苦労を感じさせないよう、頑張ろうと思っているというわけです。

で、僕の周りには…。
預かりのロックの可愛らしさ。
ごぅちゃん先生に見つめられると頑張れます。福ちゃんにはこんなふうに励まされます。


ちなみに家庭菜園の収穫である胡瓜は主食並み。
おやつも胡瓜。みんな大好きです。ふと後ろを振り返るとごぅちゃんが見つめています。


父親は大正13年生まれ、飯能実業を卒業後陸軍省に勤務し、通信兵として北支に派遣されたそうです。前線からの撤退時、「有線のコードをリールに巻き取りながら引き揚げる心細さは半端なかった」そうで「次の戦争のときには銃で武装しアメリカ相手に発砲したい」と。そんなアメリカへの憎悪を一遍に氷解させたのが、さきのアンドリューでした。彼と出会い、同じ口取り写真に納まった夜「アメリカも悪くないね」と。

アンドリューとの付き合いは、ひとつの親孝行だったのかもしれません。
コメント

すごいですね、ツィッター。
私は登録したものの全然ツィートしていません。(Θ_Θ)
先生の今の大変さを見て神さまがくれた贈り物ですね。
人の縁こそ、まさに最高の癒やしだと思います。
どうぞお身体ご自愛くださいませ。

追伸 私も主人再入院繰り返しでちょっと大変です。

naccoさん。

ご主人の入院心配ですね。

お互い落ち着いたら、是非またワンコ連れて水上の温泉に行きましょう。

夏の谷川岳を犬達も喜んでくれると思います。

ツイッター、もし良かったらフォローしてみて下さいね。yasssparkかYasuyuki Araiで。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ヤスノ保育園 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。