プロフィール

ヤスノ保育園

Author:ヤスノ保育園
地方競馬の馬主とカヤ(CAJA)の会の一時預かりボランティアをしている埼玉の高校教師です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


ブロとも申請フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

みんなの注目馬(白)


ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:犬のこと
宗教を信仰しない犬や猫達にしてみれば…我々「飼い主こそが彼らの神様」なんですよね。ヒトの赤ちゃんにとって親こそが神であるように。

彼らが幸せに過ごせるかどうか…飼い主に恵まれるかどうか、だと。

クリスマスが近づき、ヒトの宗教に特に興味はないけれど、讃美歌集を開く機会に目にとまったのが次の一曲。
讃美歌21という歌集の241番。


来りたまえ われらの主よ、

主を待ち続ける民に。

恵みの主よ、今降り

この世の暗きをやぶり、

永遠の光 与えたまえ。

来りたまえ われらの主よ、

主を待ち続ける民に。


この歌詞の「主」は勿論「飼い主」で、「民」は勿論、飼い主が現れるのを待ち続ける保護犬。

ヒトは自分自身が神に成り得る存在であることを自覚して欲しい。自分より弱い立場の存在に優しさと慈しみを。
彼らの幸せは僕らに掛かっているのだ。


コメント

私も宗教など無縁で生きていますが、子供達2人は
聖望学園でお世話になり行事の折々に讃美歌を歌わせていただきました。

本当に動物は、自分の未来どころか命そのものを
人間に託しているのですよね。
保護犬と譲渡先への間に立つ者として責任を感じたり
ため息をついたり・・のこの頃。
でも関わった動物たちが与えてくれる幸せな気持ちと
素敵な出会いもたくさんあるから続けていけるんですよね。

今年もヤスノ保育園からたくさんの園児たちが巣立っていきましたね。
公私ともにどんなに大変かと思われる中でも次々預かりに手を挙げて下さる園長さん。
「すごいな~」と感心しつつ応援させていただいています。
ありがとう!!園長さん。
ワンコ達に代わりお礼申し上げます。


ぐ~たらママさん。

お褒めのお言葉をありがとうございます。素直に喜んでおります。

でも、一方で自分の非力さ、その微力さに絶望しそうになってもいるんですよ。

ほとんど自己満足のレベルに過ぎないなぁ~、と落ち込んでいるというのが本当の僕の姿かもしれません。

春日さんも、お体大切に年末年始をお過ごしくださいませ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ヤスノ保育園 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。