プロフィール

ヤスノ保育園

Author:ヤスノ保育園
地方競馬の馬主とカヤ(CAJA)の会の一時預かりボランティアをしている埼玉の高校教師です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


ブロとも申請フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

みんなの注目馬(白)


ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
本日、昼過ぎに電話が復旧し地域の避難所になっている小原木中の担当者とコンタクト取れました。

「加藤さんご一家は全員無事で、民宿も大きな被害は受けていない。加藤さんには避難所の運営に協力して頂き、地域の皆さんが感謝しています」とのことでした。

加藤さんのご自宅の電話も繋がるそうですから、今夜落ち着いた時刻を見計らってお見舞いの電話をしたいと思います。コメント欄に「無事を知らせる」書き込みをして下さった方に感謝申し上げます。

さて、ところで福島南相馬に対して…

忍さんからのメールです。昨夜遅く着信。

「今夜の月は何十年に一度の満月だそうだ。現場のすべての人、動物達がほんの少しでも休めますように…
それにしても…津波、場所によっては15m超だそうで…そりゃあ、高さ10mの通称『津波太郎』または『万里の長城』と呼ばれる世界一高く長い防潮堤防も役に立たない訳だ。

そして、『国境なき医師団』のドク達、凄すぎ!その治療の手際の良さは当たり前、何よりも「○○がないから無理」「○○がたりません」と弱音を吐く日本赤十字の派遣医師を尻目に、無いなら作れ、もしくは代用品を使え、足りないなら足らせろ、とばかりに応急処置を行う勇気、素晴らしいです。

そして、福島大の馬は日光東照宮の馬運車を(いつも軽油満タン、車両整備万全って素晴らしい!)お借りして宇都宮大学馬術部へ避難完了。つま恋乗馬は100頭の受け入れ準備万全だそうで、あとは油、油、油~

しかも、宮崎でこんな時に伝貧発生で馬の移動に規制がかかりそう!!

南相馬市では津波の時にせめてもと、厩舎から放した馬たち、何とか被害から逃れた馬たちが有志により集められ、小高神社に保護されています。 しかし、精神的ショックや低体温症などで今も死んでいっています。

津波被害に会っていない残りの馬たちも、餌のストックがなくなり危なくなってきています。此を何とか打開しようと日本海側の乗馬関係者や畜産農家が、ヘイキューブを積み込み向かってくれています。みんな頑張れ!」


現地周辺の対応により、かなりの馬の命が救えそうです。

昨日のうちに、岩手からも獣医が2名派遣されたそうです。

埼玉、群馬からもトラックに飼料を積んで駆けつけたいところですが燃料の確保がままならず「救援資金の提供」を約束するに留まっています。
以前、忍さんから送られた一枚。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ヤスノ保育園 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。