プロフィール

ヤスノ保育園

Author:ヤスノ保育園
地方競馬の馬主とカヤ(CAJA)の会の一時預かりボランティアをしている埼玉の高校教師です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


ブロとも申請フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

みんなの注目馬(白)


ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:馬と犬
群馬境町にある南関外厩の金子師も「福島の被災地の馬をレスキューしたい、飼い葉の提供を」という申し出を快諾してくれました。(現役3歳ヤスノミカヅキが世話になっています)

埼玉狭山のシエナ乗馬クラブも「ヘイキューブ10たい、持って行ってくれ」と快諾してくれました。(引退したヤスノアルテミスが世話になっています)

勤務先の高校のトラック借用しようとしたら「タイヤがノーマルだけど大丈夫??10人乗りのワンボックスが冬用タイヤのままだよ」と降雪前提にワンボックスカーを職場から調達できました。

岩手の村田忍女史と、福島飯坂ICで合流し、南相馬に向かう段取りが出来ました。

勿論、犬の餌(30㌔)も水(50リットル)も用意しました。ヒトの食料も詰めるだけ積み込んで行きます。


自分の馬のレース(1分30秒)を見るためだけに盛岡競馬場を往復していたことを考えれば、福島なんて近い近い。

しかも、ガソリン車じゃなくて軽油なので満タンし放題。

馬や牛、犬や猫…こうしたヒト次第の命に心を痛めておられた皆さんの思いを少しでも伝えてきます。

津波から生き延びることのできた命…。

待っていてくれ、もう少しで届けるからね。
コメント

気を付けていってらしゃい!
ありがとう。そして御苦労さまです。
私(草ライダー)は相馬の馬追いに行ったことがあって、地震直後から心配で心配で仕方ありませんでした。
遠くロンドンに住む私は、人間用の募金活動はできても、馬の救済のお手伝いは寄付することしかできません。
一頭、一匹でも多くの命を救ってきて下さい。
ボランティアしてる方々、皆私のヒーロー、ヒロインです。

心優しき相馬の人々

自分のことは後回しにしても、まずは馬最優先…そんな心意気が相馬の人々には脈々と受け継がれているようです。

ある意味、とても嬉しい気持ちになりました。

復興したときに、馬も犬もいないんじゃ意味がありませんからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ヤスノ保育園 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。