プロフィール

ヤスノ保育園

Author:ヤスノ保育園
地方競馬の馬主とカヤ(CAJA)の会の一時預かりボランティアをしている埼玉の高校教師です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


ブロとも申請フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

みんなの注目馬(白)


ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:馬のこと
今週末も、被災地に対する救援活動に、彼女のエネルギーのほとんどが費やされたようです。本当に頭が下がります。皆さんからの支援金の後押しが可能にしている、とも言えます。


さて以下が、村田忍女史からのメールと画像。

「昨日、通行止めの築館IC150m前(笑)で通行止めが解除になり、仙台東部道路に入った辺りから風速12mの強烈な横風にひっくり返っているトラックを横目に、何とか宮城県と福島県境の避難所に救援物資を卸しました。この避難所は養護学校と病院の隣にあり150人程度の避難者がいて、場所からかよその避難所よりより専門的なケアの必要な方が多く、普通の支援品の他に今回搬入した車椅子や自閉症の方の為のパーテーション等の要望があったので、今回も 喜ばれました。」

注)村田忍女史は、自閉症児の施設職員としての仕事もしており、避難所での彼らのサポート役でもあります。一般の避難所で一緒に過ごさせてもらえないんですよ、と嘆いております。

「空になった帰りのトラックに、被災馬を積んで岩手に帰ります。 この馬はフォスターペアレントを募集して私が責任もって管理します。 詳細はまた後で。」

注)被災馬を引き取って、岩手に連れ帰ってくれました。彼女のエネルギーは尊敬というレベルを超えています。
岩手金ヶ崎の忍さんの牧場です。馬服まで着せてもらっています、嬉しいですね。
彼らの喜びは僕らの喜びでもあります。

埼玉や山梨の心当たりのある牧場に、無期限の被災馬の預託依頼の話をすると「まぁ1頭、月3万ならいいよ」みたいな金の話にしかなりません。それが当然な世界なのはわかっているつもりでも「相馬野馬追いのお祭り馬でボランティアでお願いしたい話なんですけど」「ごめん、それじゃうちは無理」と。そもそも相談すらする気にならない乗馬クラブも…。


「最近の被災地通いの車中のマイブームはいろはす温州みかん味と心のこもった友人の手作りクッキー。」
忍さんを支えている「モノ」。



「今回は近所の馬仲間の馬運車を快く貸していただきました。持ち寄った支援品は途中の道の駅の駐車場で店開きして、避難所毎に必要なもの毎にパッキングし直します。」
岩手福島間を毎週のように往復してくれています。


ここまで、村田女史の報告になります。……

トウショウ牧場さんが活動を支持、拡散してくれています。
http://tosho.cocolog-nifty.com/


この週末、僕は自分の飼い犬(元レスキュー犬)の老犬ヨーキーのために山梨増富温泉の冷泉を買いに行っていました。加齢による麻痺が手足に表れ、少しでも回復の助けになれば…と。

不老閣!!ここで1リットル100円を20リットル購入。この狭い上り坂を行くと金泉閣、義父の湯治場。温かいお湯に入りたい向きは日帰り「増富の湯」も。


今年度、5月に予定されていた40kmハイクが中止になりました。毎日のように続く大きな余震の中、病院の無い山の尾根伝いに350名以上を歩かせるリスクを考えると実施の強行を主張する気にはさすがになれませんでした。








コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ヤスノ保育園 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。