プロフィール

ヤスノ保育園

Author:ヤスノ保育園
地方競馬の馬主とカヤ(CAJA)の会の一時預かりボランティアをしている埼玉の高校教師です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


ブロとも申請フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

みんなの注目馬(白)


ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
22日金曜午後、埼玉狭山シエナ乗馬クラブオーナーから馬用飼料ヘイキューブ13体、フスマ6体の提供を受けました。本当にありがたいことです。
今回も学園の10人乗りワンボックスで。ヤスノアルテミスも被災地の馬達を応援しています。


23日土曜深夜2時に飯能を出発。16号で川越~大宮~岩槻ICから東北道、二本松ICで降り川俣~飯舘~南相馬へ。
朝2時に見送ってくれたのは隣の猫だけでしたww福岡や鹿児島の九州ナンバーが「仮設住宅」運び。
出来るだけ「福島でお金を使おう」と安達太良で。職場の同僚の実家がある二本松IC付近は桜満開。


川俣や飯舘の検問は撤去され、むしろ交通量も増え、コンビニや床屋さん、郊外型量販店など営業を再開していました。「他県ナンバーは免許証の提示を求められる」ことも現実にはありませんでした。114号は濃霧でしたが順調でした。
飯野(いいの)の桜とチューリップは同時に満開。多くの車が飯舘や南相馬に流れています。
1ヶ月前には本降りの大雪でした。峠越えは濃霧でノロノロ運転。


原町区の西さん宅では家族が増えていました。
レスキューされた馬、よかったね。レスキューされた犬、よかったね。動物達の女神「忍女史」と通りかかった相馬武士。


レスキューされた馬達、ポニー達は30km圏外のポニー牧場へ。
助けたらそれで終わり、ではありません。避難先として施設を提供してくれたわけです。
夢中で食べる、休まず食べる、飢餓の経験が…。栗毛に流星…まるでヤスノ軍団の一員みたい。


怪我をして失明しているポニー、辛うじて回復を果たした馬達…。

お問い合わせは↓こちらへ。
代表の沼田女史へ。


そして、新聞でも報道された大滝さん宅へ飼料搬入。
この子も救われました。「ごはんをありがとう」と言われた気がしました。救われたダンツと忍さんと西さん(息子)の3ショット。

前回の右田浜より原発に近いエリアで放浪犬の捜索。
あの日から40日以上経ったのに…。自衛隊員が一列になって棒で地面の中を…
どうすりゃこの巨大な高圧鉄塔が??津波はゴジラか!!持ち主が特定されそうなもの。
不明者捜索掲示板を前に立ちすくむ忍さん。地震には耐えたのに…旧家の屋敷も住めません。


今年の7月23,24,25日は果たして馬もヒトも集まれるのか。
野馬追いの会場…花見客もいません。この観客席にヒトが溢れて欲しい。
この馬場が狭く感じるほど馬が集まって欲しい。一番嘆き悲しみ野馬追いを実行したがっているヒト。


原発から20km圏内かどうか、その境界線が生死の境目。
放浪犬の捜索で…と説明しての受け答えで???出てきたもう一人も「君達若いじゃないか!!防護服は」
写真を拡大してよく見て下さい。彼らは20歳代前半ですよ!!防護服を着させてもらっていないんです!!京都府警からの派遣命令で地理関係も「何もわかりません」と。

僕は犬の捜索のことも忘れて、「一日中ここで、外で検問作業をしているの??」「向こうの中年警官は白い防護服を着ているのに、君たちは怖くないの??」と彼らのことが心配になり質問してしまいました。

化学的に物理的に原発から20km圏内は「健康に被害の可能性が高いから退去命令」が出され、見た目年配の位が高そうな警官は白い防護服を着ているのに、若い一番下っ端は写真の通りマスク1枚のみ。

これじゃまるで、チェルノブイリの復旧工事に動員され、全員死亡した作業員と同じではないのか??かつての日本陸軍の階級的いじめと同じではないのか??

僕の質問に、写真の彼は笑顔で「本官は少しも怖くありません」と答えました。僕が彼の父親なら褒めるより先に「お前、この仕事やめろ」と言ったでしょう。

僕は「放浪犬のための餌を置かせてくれ」という言葉が出てこずに「僕はすぐに立ち去るから、君たちは車内に戻りなさいね」としか言えませんでした。


50歳以上の警官が原発付近での勤務に志願して、若い警官、自衛官を遠ざけろよ。

僕が首相なら、間違いなく命令している。「全てのペット、家畜の命を救え」「若者を原発から遠ざけろ」と。

そんな今回の南相馬救援活動でした。
コメント

被災馬への餌やり本当に御苦労さまでした。防護服来ていない警察官・・・ショックです。国はいったいなにをしているのでしょう・・・

本当にお疲れ様でした(/ω;)
この馬達は幸せ者ですね(ρ_;)
でも放射線の影響が出やすい若者に防護服を着せないなんて…その年配者はなにを考えてるんだ。
生き意地張りすぎか!
若者に未来を譲れ!ヾ(`Д´*)ノ

写真について

はじめまして。ブログ読ませていただきました。
相馬ポニー牧場とも縁のある蓼科ポニー牧場に毎月通っていおり、相馬の馬たちが避難してきているので、被災した馬たちのことで心を痛めていました。
今度、神奈川県で被災馬支援の募金を集める催しをやります。告知のために現地のことを知らせるための写真を探しており、もしよければ馬たちが避難している様子などの写真をお貸しいただけないでしょうか。現在、告知のためにホームページを作成中です。なかなか馬たちのことを知らせるような写真がなく困っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

皆さんのコメントへ。

さいとうさん、ドナドナさん、僕も2つの疑問を持ちました。ひとつは「若者の未来を守れ」というべき立場の年配警官の配慮のなさ。もうひとつは「本官は怖くない」と言って防護服を着ないで済むという感覚。

今夜のニュースでも20km圏内に立ち入った獣医師たちは完全防護服のいでたちなのに、同じ現場に居合わせた警官(京都府警!!)は、通常勤務の機動隊タイプの濃紺の制服でした。普段着で外作業ができるなら「立ち入り規制」は不必要にはず、ですよね。

たかくわさん、ブログの写真を利用して頂くことは問題ないどころか、むしろ無断転載を歓迎致します。オリジナルサイズが必要でしたら、「管理者にだけ…」機能を利用して送付先をお知らせください。

神奈川なら、アバロンさんが仙台方面で頑張っていますね。支援金を送金しても報告も受領連絡もないので、あのグループをフォローするつもりは僕にはありません。メールに対する返事すらありませんからね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして
ホリエモンの
twitterから飛んできました

すべてに同感です
若者を守らないでどうするこれからの日本
娘の彼は神奈川県警
被災地応援に行きそうな気配
末端の若者が命令されるがままに・・・
おかしいと思わないのだろうか
原発に限って、確かに50代以上が携わるべきだ

con spiritoさん。

僕もこの京都府警の若い警官の笑顔と「少しも怖くない」発言には泣きそうになりましたよ。

ちなみに完全防護服(全身白尽くし)のベテラン警官は車の中から「監視??」というか「僕らのやりとりを眺めているだけ」でした。


「お前ら逆だろう」と言いたかったのですが、何しろ僕ひとりで目撃者もいない状況でしたから、トラブルになるのを避けて、若い警官に「君達も車内へ」と言って僕も立ち去りました。

警官には「武士らしく」あって欲しいものですよね。

お嬢様の彼にもどうぞよろしく。福島の現場には神奈川県警の若い警官がたくさん動員されていました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ヤスノ保育園 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。